信州大学医学部山岳部のブログ

夏山岩合宿in剱岳~源次郎尾根~

time 2019/09/30

夏山岩合宿in剱岳~源次郎尾根~

★エリア:剱岳源次郎尾根

★日程:剱合宿期間中、1回目 8月8日、2回目 8月11日

★メンバー(文責 古矢紘基)

1回目 澁谷佳士 鳥居あゆみ 越智遥 古矢紘基

2回目 綾城穂高 石神遼吾 白石陽美 古矢紘基 中村峻也

★所要時間         

1回目 0342剱沢出発→0445源次郎尾根取付き→0909懸垂支点→1102劔岳山頂

2回目 0230剱沢出発→0330源次郎尾根取付き→0700懸垂支点→0820剱岳山頂

☆ ☆ ☆

取り付きは平蔵谷の巨岩の反対側にある。昼間であるが、見逃すことはないだろうが、日の出前の早朝などでは、見逃さないように注意が必要。

取り付きからすぐややぬかるんだ急登を登っていく。その後、やや大きな岩があり、そこを越えていくのにロープが必要になる可能性がある。(1回目はロープを使用、2回目は補助ロープが設置してあったので、それを利用)

その後は木の根ゾーンに突入。ひたすら木の根上を歩いて行く。しばらく歩くと、小さな岩壁に当たる。この岩壁を越えるためにロープが必要になる場合がある。(1、2回目ともにロープを使用)この部分が源次郎の一番の技術的な難所だった。

その後は見晴しの良い尾根上を歩く。道を踏み外すことはないが、歩きやすい道をしっかりと見つけて歩いて行く。

懸垂下降の支点はしっかりしている。懸垂下降をするとき、下が見えないためやや高度感がある。

その後1時間ほどで山頂に到着。

1回目と2回目でコースタイムに大きな差があるのは、1回目は先行パーティが存在していたため、ロープを扱う場所で、長時間の待ち時間が発生したためである。

down

コメントする




総会